司法書士

「LEC東京リーガルマインド

LECという言葉を聞いたことがあるなかな〜?
「Legal Education Center」という名前の略で、読みとしては「レック」って読むんだけどね。
正式名称は「LEC東京リーガルマインド」っておい、司法書士の試験の勉強をするための会社なんだよね〜!!
業界でも上位であって、全国に展開してるほどなんだとか・・・。
弁護士なども含めて、国家資格を取る為に手助けをしてくれる学校なわけ。
だから、司法書士だけではなくて、他の国家資格も取れちゃうんだね(^。^)
受けることのできるプランが充実しているのが、LECの特徴なんだよね☆
なんていっても受験は1年に1回だけ・・・。
となれば、はずすわけにはいかないね〜(>_<)
しかも。合格できる確率って、かなり低いんだって・・・。
だから、猛勉強をしないといけないってことだよね〜?
一日中勉強をしてるような状態ではないかな〜?
でも、学生のうちは勉強だけに集中して受験に没頭できるものだけど・・・。
社会人になってからとなると、自分で働きながらということも出てくるよね?

司法書士の資格システム

司法書士っていうのは、公認会計士とか税理士、弁護士なんかと同様で国家資格なんだよね!
一般的には、司法書士の資格を持っている人のことを司法書士と呼ぶもの・・・。
でも、司法書士の資格を取るためのシステムを全体的にとらえて呼ぶこともあるんだとか。

 

最近ではよく耳にすることになった司法書士なんだけど・・・。
資格を取るための条件なども、特に難しくなくて、たくさんの人が毎年受験をしてるようだね。
学生はもちろん、社会人になってから受験する人も多いんだとか(>_<)
最近注目されてる、人気のある資格のようなんだよね〜!!
でも、なんとなく名前は知っていても、果たして仕事の内容は分かっているもかな〜?
実際にする仕事とはどんなものなのか?
司法書士の資格を持っている人でも悩んでしまうほど、資格の範囲が広いもんだから説明に困るんだって(@_@;)
大まかに説明すると、「公的な文章や手続きをしたりという法律に関しての仕事をするのが司法書士」というふうになるかな。
では、具体的に法律に関しての仕事にはどんなものがあるのか知りたいものだね〜!!

司法書士の実際の仕事内容を知ろう

司法書士の仕事は、公的な手続きや文書を作ったり代行したりするものなんだけどね。
では、もっと詳しくみてみよう〜!
登記業務とよばれるものが、司法書士では一番多い仕事みたいだね。
不動産の登記を行うときに、手続きとか必要となってくる文書を作ったりして代行してあげたりとか・・・。
他にも、商業登記と呼ばれるもので、会社の業務内容が変わるところがあるときなんかも司法書士が代わりに行うんだとか。

 

法律に関しての公的な文書を作るといった、専門的な要素の仕事もする資格があってね。
法務局とか、検察庁、裁判所なんかに提出する文書の事を「法律文書」っていうんだって!
刑事裁判や民事裁判、法律の文書というのは、書式に定まった形でかくもの・・・。
となると、司法書士が変わりに作るのが良いってわけだね〜。
たとえば、不服申し立てをする時の文書の書面などを作ったりとか・・・。
「認定司法書士」というものもってね。
司法書士会と法務大臣の認定を受けるとなるんだって。
140万円以下の訴訟金額の民事裁判であれば、弁護士と同じ力を持って裁判をすることも可能なんだとか!
140万円以下の訴訟金額ってなると、弁護士と呼ばれるセンセイでは扱ってもらえないこともあるんだってさ〜。

司法書士の役割

高い難易度を持つ、低い知名度である司法書士の資格なんだけどね。
では、司法書士って何をする仕事なのかな〜?
具体的にってなると、司法書士の資格を実際に持ってる人でも説明するのが難しいんだけどね(*_*;

 

法律にかんしての手続きなどを、本人に代わって行うことができるっていうことかな・・・。
でも、みんなのイメージとしては、法律に関係してくるってなったときに一番最初に思いつくのは「弁護士」なんじゃないかな??
司法書士の資格と、弁護士の資格・・・。
似ているように思われてるんだけど、違いがあるんだよね!!
司法書士の主な仕事というのは・・・。
裁判とか登記などに関係してくる文書を、本人に代わって手続きや文書を作ったりするわけ。
検察庁や裁判所・法務省などに提出するってかたちだね〜。
年配の人では「代筆屋」としてのイメージを強く持っている人は多くいるかもしれないね(@_@;)
最近、司法書士の行うことのできることが増えてきたのには、司法書士法が変わったことが背景にあるようだね!

司法書士のできる仕事内容

年配の人は「代筆屋」としてのイメージを強くもっている司法書士の資格なんだけどね・・・。
最近では代筆屋としてだけではなくて、業務内容に変化が起きたんだよね〜。
「簡易裁判所訴訟代理関係業務」っていうものが、司法書士が新たにできることになった代表的なこと・・・。

 

名前からはちょっと難しくて、一般の人ではイメージが難しいかもしれないね(@_@;)
民事裁判で簡易裁判所で行えるようなものであれば、弁護士と同じような権限が司法書士にも使えるといったもの。
たとえば、権利問題とかお金に関する問題の時には、本人の代理となって弁護士同様に裁判を起こせるといったものなんだよね!
司法書士に相談をすると、問題解決の助言だけではなくて、そのまま裁判も起こしてもらえるっていうんだね〜。
反対に、裁判を起こされた人にいたっては、被告人の代理として弁論できるってわけ・・・。
となると、弁護士と司法書士は同じようなものではないか・・・。
っていう考えが起こるのも当然だよね〜(@_@;)

司法書士と弁護士の違いは

法律に関する手続きとか、書類の作成を代わって行ってくれる司法書士・・・。
最近、司法書士に関する法律が変わって、できる業務も変わってきたんだよね!!
では、何が変わったのか・・・。
民事裁判を簡易裁判所において、裁判を起こせるようになったってことが一番大きいところだね。

 

となると、弁護士と司法書士の違いは何だ??
という気持ちが起こってくるのは当然かもしれないね(*_*;
弁護士は全ての裁判を行うことができるのに対して、司法書士は全て行うってわけにはいかないわけ・・・。
民事裁判でも、簡易裁判所レベルのものだけなんだよね!!
簡易裁判所で行える裁判の例では、家賃を滞納してる人に、滞納分の15万円を払ってもらって、部屋を立ち退きしてもらう・・・。
というような内容ならOKなわけだね〜。
本人にとっては大事件でも、偉い弁護士の先生にしてみれば躊躇するもののようなんだよね(−−〆)
刑事事件の裁判というのは、司法書士の資格では起こせないんだけどね。
法律的な書面を作るということだけならできるんだって!
インターネットを使って、登記すべき書類の申請をできるようになったオンライン申請なんかが、法の改正につながったようだね。
最近では、債務処理業務の仕事が忙しいんだって!!